津崎(星野源)とみくり(新垣結衣)はついに二度目のキスをします。

そして『私はいいですよ、平匡さんとなら・・・そういうことをしても。』とみくりは言うのです。

しかし『ごめんなさい、無理です、僕には。そういうことがしたいんじゃありません。』と拒む津崎。

みくりは恥ずかしさを押し殺しているというところで前回は終わっています。

 

逃げるは恥だが役に立つの第7話のストーリーはこちら↓

⇒逃げるは恥だが役に立つ第7話あらすじ

 

 

 

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ第8話あらすじ

進展を求めるみくり(新垣結衣)を拒絶する形になってしまった津崎(星野源)。

あれからも何も無かったように振舞っていたみくりが突然いなくなってしまいました。

 

 


百合(石田ゆり子)と風見(大谷亮平)がバーで呑みながらみくり(新垣結衣)がいなくなったことを話しています。

『月曜の家事代行の時は何も言ってなかった。』と話す風見。

同じく百合も風見の家事代行の後に会ってアイスワインを返されたのが最後だと話します。

気になる百合が電話すると『今は戻れない、離婚危機だから。』と答えるみくり。

 

 

みくり(新垣結衣)は実家に帰っていました。

母の桜(富田靖子)が足を骨折して困っているため、実家の家事などの手伝いに戻っていたのです。

父の栃男(宇梶剛士)が慣れない家事で桜に怒られると『みくりが来てくれて良かった。』と言いますが、みくりもまた家を出る口実ができ助かったのでした。

 

 

あの日以来、何事もなかったように暮らしていたみくり(新垣結衣)。

家事でソファーやアイスワインを見るたびにあの事を思い出してしまいます。

妄想をして現実逃避しようとしますが火曜のハグの日が来ると苦しむみくり。

そこに母の桜(富田靖子)が足を骨折したと兄のちがや(細田善彦)から連絡があります。

これをチャンスと思ったみくりは出来る限りの家事を済ませると津崎にはしばらく実家に帰るという書き置きを残して実家へと帰っていきます。


その頃、会社の買収の話を聞いてしまった沼田(古田新太)は社長と話します。

買収が決まればリストラをするかもという社長に怒りをぶつける沼田。

社員を動揺させるとマズイからと言われ口止めされます。


沼田(古田新太)、日野(藤井 隆)、風見(大谷亮平)は3人で居酒屋に。

珍しく呑めてはしゃぐ日野は津崎(星野源)を誘います。

 

遅れて津崎が合流すると話題は風見の雇っているという家事代行サービスの話になります。

風見は今週から休んでいると言うと『よほどいたたまれない理由があったんじゃないですか?そこまでは知りませんけど。』と話します。

すると『知らないなら何も言わないでください。』と返す津崎。

『事情は知りませんが、津崎さんより僕の方が見えているかもしれません』と言う風見。

感情的になった津崎は『あなたと僕とは根本的に違う。見えてるものが違って当然です!』と話すのです。


結局、酔いつぶれてしまった津崎は百合(石田ゆり子)の車で送ってもらうことに。

風見が同乗し、百合と二人で話していたのですが津崎はこっそり起きていたのです。

風見の『自分ばかり見ていて相手の気持ちを考えていない。』という言葉に津崎は自分を重ねます。

 

 

 


津崎(星野源)は帰って冷蔵庫の中を見ると、みくり(新垣結衣)がストックで作ってくれた料理が入ったひとつひとつのタッパーを取り出します

そこには津崎を気遣うひとことコメントのメモが書かれているのに気が付きます。

そして料理を食べながら、みくりの気持ちを考えるのでした。

 

 

その翌日、突然みくりに津崎から電話がかかってきます。


津崎(星野源)は『僕は女性経験がありません。あの夜、真っ先に思ったことは失敗したらどうしようということでした。拒絶されたみくりさんがどう思うかということは全く頭にありませんでした。ごめんなさい。未経験だと知られることが怖くもありました。』と言います。

すると『私は知ってました、お母さんからも話を聞いて、そうかなって。でもそんなことは私には大きな問題じゃなかった。でも拒絶されたことはすごくショックでした。』とみくりが答えます。

『これから303号室に戻ろうと思います。もう一度会ってちゃんと話をしたいんです。』というみくり。

『会えます!すぐに会って火曜の分のハグを。』

みくりの『はい!』という返事を聞くと走り出す津崎。

 

館山に来ていた津崎はみくりの実家のすぐ近くまで走っていきます。

しかし、みくりはすでに津崎の家の近くまで帰ってきていたのでした。


結局、津崎は家に帰ろうとするも、みくりの両親に強引に泊まらされてしまいます。

二人は

『明日また会えるのを待ってます』

『待っていてください』

と明日会えることを待ちわびながら夜を過ごすのでした。

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ第8話 無料で動画を見るには?

auビデオパスなら30日の無料期間を利用して実質無料で『逃げるは恥だが役に立つ』の動画を見ることが可能ですよ!

有名企業のauが運営している動画配信サービスなので安心して利用することができるのが最大のメリットですね。

auビデオパスの詳細は以下のようになっています。

auビデオパス
月額 月額562円(税抜)
※毎月1日から末日までの1ヶ月分の料金
無料期間 初回30日間無料
※2016年5月11日加入分より、初回加入時の無料期間が14日間から30日間になりました。
ポイント 1コイン=1円分
※レンタル作品購入に使用可能
作品数 約10,000本の見放題作品
P有効期限 見放題プランで、毎月付与される540コインは有効期限は45日間
アラカルトレンタル作品を購入した際に付与される「ビデオコイン」は翌月末日
視聴デバイス テレビ・タブレット・パソコン・スマホなど
同時再生 同時に複数のデバイス(機器)から再生は出来ない
支払い方法 【au回線契約】
auかんたん決済
【au回線契約のない方】
auビデオパス自体に登録できないです。
年齢制限 レンタルは15歳未満は出来ない
退会方法 PCはMENUの入会退会ページから可能
アプリの「設定」メニューから入会・退会手続きが可能退会後も月末までは作品を視聴できます。
無料期間中の退会は即時利用できなくなりますのでご注意ください。

 

無料期間を設定してくれているので気軽に試してみるのができるのは良いですよね?

ぜひこの機会に試して『逃げるは恥だが役に立つ』を無料で動画を観ちゃってください!

 

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ第8話感想

せっかく前回いい感じになれたのに津崎(星野源)の拒絶でみくり(新垣結衣)が家を出て行ってしまいましたね。

精一杯無理して平然を振舞っていたみくりの笑顔が可愛かったので余計に離れていく時のギャップで辛さが伝わってきます。

 

 

個人的に気になったのは風見(大谷亮平)と母の桜(富田靖子)の言葉ですね。

風見の『自分ばかり見ていて相手の気持ちを考えていない。』という言葉には考えさせられる人も多かったんじゃないかなって思います。

また桜の『努力して、運命の人にするのよ。』っていう言葉も結婚観の神髄なのかなって考えさせられました。

 

 

結局、この風見の言葉がきっかけで津崎も影響を受けて、みくりを呼び戻そうとしましたし。

津崎が拒んだ理由はやっぱり経験が無いのが原因でしたね。

それをなんとなく察していたみくり。

『でもそんなことは私には大きな問題じゃなかった。でも拒絶されたことはすごくショックでした。』というセリフは涙なしにには観れませんでした・・・

 

ただすぐに仲直りできて良かったですよね♪

次回はさらに展開が変わっていきそうなので楽しみですよね。

 

コードブルー3が無料で観れる!?


[PR]

フジテレビオンデマンドなら『コードブルー3』を『31日間無料』で観ることが可能です♪


しかも!今なら『コードブルー1』や『コードブルー2』も期間限定で配信中!

omoushikomi



スポンサーリンク