スポンサーリンク

リーガルハイ第3話あらすじ

結婚式の誓いの最中に別の男に結婚式場から連れ出される花嫁。

男はタクシーに花嫁と一緒に乗り『ざまぁみろ』と言ってのけるが、すぐにアパートにて逮捕されてしまいます。

 

その国選弁護を請け負うことになったのが黛真知子(新垣結衣)です。

古美門研介(堺雅人)はテレビ取材で忙しく、黛真知子(新垣結衣)独りで拘置所へと向かいます。

 

被疑者の榎戸 信也(永山絢斗)にかかっている容疑は略取・監禁で、

1年ほど前から彼女の自宅で待ち伏せし、ストーカー規制法違反で付きまとい禁止命令を受けています。

裁判の方針を決めようとする黛真知子(新垣結衣)に対し、爪を噛み返事をしない被疑者に困惑します。

 

 

裁判当日、担当検事として現れたのは黛真知子(新垣結衣)の恩師である相沢 秀臣(東根作寿英)でした。

担当検事であった久保検事が体を壊したため、恩師がピンチヒッターとして登場したのです。

 

 

一方テレビ取材を受けている古美門研介(堺雅人)の元にはプロ野球チーム「東京ゲッツ」のファンである望月 ミドリ(阿知波悟美)が訪れます。

汚い野次で球場から強制退去させられたことに怒り、球団側へ精神的苦痛による賠償請求の民事訴訟を起こすというのです。

テレビカメラ映りを気にする古美門研介(堺雅人)はこれを受けてしまいます。

 

 

榎戸 信也(永山絢斗)の裁判が始まります。

ところが起訴状が読み上げられると事実を認める黛真知子(新垣結衣)に割って入るように、今まで黙秘していた榎戸 信也(永山絢斗)が突然無罪を主張します。

 

 

急遽法廷は中断し、拘置所にて『なぜ無罪を主張したいなら、それを言ってくれないんですか?』と怒る黛真知子(新垣結衣)。

榎戸 信也(永山絢斗)は『君はボクをクロだと思っているだろ。ボクはストーカーなんかじゃない!』と自分が黙秘していた理由を明らかにします。

『僕たちは付き合っていた、結婚するつもりだったんだ。』と訴える榎戸 信也(永山絢斗)。

 

初めて出会ったのは被害者の村瀬 美由紀(原田夏希)が勤めていた銀行で仕事として困っていた榎戸 信也(永山絢斗)に声を掛けたことだったというのです。

それから時々バスで一緒になったり、家が近所だと分かって運命を感じ、仕事帰りを待ったり朝一緒に通勤したりするようになったそうです。

榎戸 信也(永山絢斗)が言うには『彼女に付きまとっている男がいて、彼が結婚を強行したから助けに行った』と主張します。

 

 

『それをストーカーというんですよね?』と古美門事務所で悩む黛真知子(新垣結衣)。

古美門研介(堺雅人)に『無罪を勝ち取らなければクビだ。』と言われてしまいます。

一方のプロ野球訴訟を受けている古美門研介(堺雅人)の相手は三木法律事務所のアシスタント弁護士である井手 孝雄(矢野聖人)となります。

 

 

榎戸 信也(永山絢斗)の裁判が再開すると『行き帰りのバスが僕らのデートでした。』と発言し、その中で愛を深めてプロポーズをした訴えます。

別れたい彼氏がいたが無理やり結婚をしようとして自分をストーカーに仕立て上げたと主張します。

相沢検事の尋問では榎戸 信也(永山絢斗)のストーカー行為を次々と暴いていきます。

閉廷後に学生時代想いを寄せていた相沢 秀臣(東根作寿英)に『早く情状弁護に変えるべきだ!』と言われ黛真知子(新垣結衣)は悩みます。

 

一方の古美門研介(堺雅人)も望月 ミドリ(阿知波悟美)の訴訟裁判が始まります。

酷い罵声を浴びせ強制退去されられましたが球団側は入場料の返還に応じており、法外な請求をすることに裁判官も呆れてしまいます。

出版する予定だったヤジ語録の損害や慰謝料などを合わせて合計1500万円もの高額請求を主張するのです。

翌日の公判では球団の判断が妥当だったと主張する井手 孝雄(矢野聖人)に対し、古美門研介(堺雅人)は『表現の自由を奪う憲法違反だ』とムチャクチャな主張をして反論します。

 

 

さらに榎戸 信也(永山絢斗)の次の裁判では被害者の友人の証言などで一層不利な展開になってしまいます。

好きだった相沢 秀臣(東根作寿英)との裁判で集中できない黛真知子(新垣結衣)。

閉廷後傍聴していた古美門研介(堺雅人)に『空中戦をやり過ぎだ、検事に意識が行き過ぎている』と指摘されてしまいます。

 

拘置所で榎戸 信也(永山絢斗)に『次回被害者本人の証言でほぼ決まると思います。』と伝えると、

榎戸 信也(永山絢斗)は『やっぱり勘違いなのかな?』と自分と被害者が釣り合わないことを受け入れようとします。

 

 

古美門事務所では加賀 蘭丸(田口淳之介)が情報を集め、盤石の古美門研介(堺雅人)に対し、敗戦濃厚の黛真知子(新垣結衣)。

加賀 蘭丸(田口淳之介)から『真知子ちゃんもギャラさえくれれば何でもやるからさ』と言われても『汚い手を使いたくない』と正義感が現れてしまいます。

容疑者を信じきれない黛真知子(新垣結衣)に古美門研介(堺雅人)は『榎戸がバリバリのストーカーの変態野郎でもあらゆる手段を使って無罪を勝ち取るのがキミの仕事だ』と言ってのけます。

そこに執事の服部さん(里見浩太朗)が『バス通勤ならいつも決まった席に座るので顔見知りになる』とヒントをくれます。

 

黛真知子(新垣結衣)はすぐに榎戸 信也(永山絢斗)と村瀬 美由紀(原田夏希)が乗っていたというバスに実際に乗ってみます。

そこで仲の良いカップルのように見えたという証言を得ます。

さらに榎戸 信也(永山絢斗)がプレゼントしたという似顔絵も嬉しそうに受け取っていたというのです。

大切そうにしまっていたという言葉を聞いて黛真知子(新垣結衣)は加賀 蘭丸(田口淳之介)に情報収集を依頼します。

 

 

プロ野球訴訟の方はというと『選手にとって母のような存在』だと主張し、『選手のお母さんを奪わないで欲しい』と古美門研介(堺雅人)は裁判官に情状に訴えかえ1000万円もの賠償金を勝ち取ってしまいます。

 

 

そして榎戸 信也(永山絢斗)の公判では被害者の村瀬 美由紀(原田夏希)が証言台に立ちます。

黛真知子(新垣結衣)は彼女の正直な気持ちを引き出そうとします。

彼女が『気味が悪いからすぐに捨てた』と証言した榎戸 信也(永山絢斗)の似顔絵は実は大切に保管していて最近になって捨てたものだったのです。

加賀 蘭丸(田口淳之介)に依頼してその似顔絵を手に入れていた黛真知子(新垣結衣)は何とか本心を引き出そうとします。

 

頑なに『好意を抱いていなかった』と主張する村瀬 美由紀(原田夏希)の声を聞いて手に入れた似顔絵を出そうとする黛真知子(新垣結衣)。

そこに『もういいよ!』と割って入る榎戸 信也(永山絢斗)。

『僕はストーカー行為をしました。勝手な思い込みで付きまとい拉致しました。』とストーカー行為を認めてしまいます。

最終的には被疑者の自供により裁判は終わってしまいました。

 

裁判には負けたものの『被疑者が望んだ有罪』ということで古美門事務所からのクビは免れる黛真知子(新垣結衣)なのでした。

 

スポンサーリンク

リーガルハイ第3話感想

今回の話は古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が違う訴訟を扱うという話でした。

ムチャクチャなプロ野球訴訟を行う古美門研介(堺雅人)と被告を信じきれないまま弁護する黛真知子(新垣結衣)の対比が魅力です。

 

真実を追求しようとする黛真知子(新垣結衣)が無罪を信じきれず無罪を勝ち取りにいくということに悩んでいる姿が印象的でした。

古美門研介(堺雅人)の『榎戸がバリバリのストーカーの変態野郎でもあらゆる手段を使って無罪を勝ち取るのがキミの仕事だ』というセリフが個人的には響きました。

『裁判で勝つ』ということと『真実を追求する』という相反するものについてリーガルハイではぶつかることが多いです。

改めて考えされられる部分もありながらコメディタッチで表現しているので楽しかったと思わせてくれます。

 

また学生時代に想いを寄せていた恩師との裁判ということで空回りしている感が切なくなりますね。

裁判中に入る学生時代の回想シーンの新垣結衣さんの可愛さは必見です。

スーツを着て弁護士の時とまた全然違う感じの演技がすごいなぁと思いました。

 

またあらすじでは書いていませんが最後にテレビを見ているシーンや古美門研介(堺雅人)にアドバイスを求めて断られるシーンなんかもメチャクチャ可愛いんでぜひ観てほしいなと思います。

 

黛真知子(新垣結衣)が独りで素晴らしい弁護を魅せる真知子の成長が見れる回でした。

コードブルー3が無料で観れる!?


[PR]

フジテレビオンデマンドなら『コードブルー3』を『31日間無料』で観ることが可能です♪


しかも!今なら『コードブルー1』や『コードブルー2』も期間限定で配信中!

omoushikomi



スポンサーリンク