スポンサーリンク

リーガルハイ第2話あらすじ

顧問解約され、経営の厳しい古美門事務所。

古美門健介(堺雅人)に『金になる案件を取ってこい、著作権侵害とか。』というと

黛真知子(新垣結衣)は『それでしたら取ってきましたが。』と答えます。

 

ところが事務所にやって来たのはパンクロッカーの荒川ボニータ(福田沙紀)とジャンゴジャンゴ東久留米(窪田正孝)でした。

2人がパクられたと訴えるのは国民的ヒット曲、柊しずか(友近)が歌う『あれは恋でした』だというのです。

 

とりあえずボニータたちのライブで問題の曲を聴くことに。

激しいパンクに顔をしかめ『お前らの歌なんかパクるヤツなんかいるかと言っとけ!』という古美門健介(堺雅人)に対し、

黛真知子(新垣結衣)は『完全にパクりですね。』と言い切ります。

 

結局、古美門研介は訴訟で勝った場合は賠償金の半額を報酬として受け取ることで依頼を引き受けることにします。

ところが訴訟の相手となるのは『あれは恋でした』を書いた葛西サトシ(鶴見辰吾)で顧問弁護は三木法律事務所。

 

余裕の葛西陣営ですが相手が古美門健介(堺雅人)であることを知ると三木(生瀬勝久)が自ら乗り出して来ることとなります。

『三木は自身は出てこない』とたかをくくっていると郵便が届き、担当弁護士が三木(生瀬勝久)であることを知ります。

 

するとBARで飲んでいる葛西サトシ(鶴見辰吾)陣営に乗り込みます。

CD販売、ネット配信などの停止と損害賠償請求1億3000万円の請求を訴えにいきます。

ここで改めて古美門研介(堺雅人)と三木(生瀬勝久)との確執が垣間見えます。

 

裁判では『歌詞をひっくり返しただけでそっくりであること』『メロディも多くの点で似ていること』を指摘します。

半信半疑な裁判官に『歌ってみてもらえます?』と言われ、歌って見せる黛真知子(新垣結衣)。

あまりの音痴ぶりに顔を凍らせる古美門研介(堺雅人)。

何度も『楽譜通りに歌ってください』と言われ、形勢は一気に不利になります。

 

一方の三木(生瀬勝久)は曲のメロディを科学的に分析、曲の一致する部分は33.6%と指摘。

過去の判例を同じようにみると5割程度ともっと高いことを訴えます。

 

荒川ボニータ(福田沙紀)の家に古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が訪れ、

法廷の根拠を『類似性』ではなく『依拠性』とすることを提案します。

依拠性とは曲作りの元となっているということを証明する方法です。

 

 

第2回尋問では葛西サトシ(鶴見辰吾)が曲を聞いたこともなく、存在も知らなかったと証言します。

国民的なヒット曲がこういったことになり、心を痛めていると心情を語ります。

 

証人として登場した荒川ボニータ(福田沙紀)はなんとパンクロッカーの姿で登場します。

三木(生瀬勝久)は逆に荒川ボニータが葛西サトシ(鶴見辰吾)の曲を聞いてインスピレーションを得ていたと主張。

するとジャンゴジャンゴ東久留米(窪田正孝)が弾き語りをして法廷がメチャクチャになります。

 

事務所に帰ると黛真知子(新垣結衣)が『スーツで言ったのに』と怒ります。

ところが古美門研介(堺雅人)が『勝負服で来い』と言ったのだと明らかにします。

『裁判官というのは保守的な生きものです。特に今回の裁判官は・・・ボニータさんの印象は最悪です!』と怒る黛真知子(新垣結衣)に対し、

『今のところは・・・ね。』とニヤける古美門研介(堺雅人)。

 

 

一方の三木(生瀬勝久)はマスコミを使って葛西としずかに自分たちに非はないと語らせます。

ボニータたちは世間の悪者となり、自宅にひどい嫌がられを受けます。

耐えかねたボニータは訴えを取り下げると言い出す。

 

『店とか家族に迷惑をかけるのは嫌だから』という荒川ボニータ(福田沙紀)の元に両親が現れます。

父親は『おめぇにとってロックってこんなもんなのか?店のことなんて気にするな。』と応援してくれます。

現在は2人の荒川ボニータですが元々は5人でバンドを続けていく中で夢を託して辞めていったのでした。

夢を託した仲間たちのためにも裁判を続けていくととなります。

 

古美門事務所に戻ると三木(生瀬勝久)と沢地(小池栄子)を伴って示談に持ち込もうとします。

三木(生瀬勝久)を突っぱねる古美門健介(堺雅人)。

古美門健介(堺雅人)は勝負を急いでいる三木陣営に弱みがあるに違いないと感じ取ります。

 

 

古美門研介(堺雅人)は裁判で『全ての曲を自分だけで作詞作曲しているのか?』と葛西サトシ(鶴見辰吾)に質問します。

要はゴーストライターなどを使用しているのではないかと問い、『自分が作っている』と葛西サトシ(鶴見辰吾)答えた。

法廷後、三木(生瀬勝久)は葛西サトシ(鶴見辰吾)に『認めるべきだった』と不安を感じ始めます。

 

加賀蘭丸(田口淳之介)は業界に潜入し、葛西がゴーストライターを使っていることを古美門研介(堺雅人)に報告します。

さらにボニータたちが葛西の作る他の曲にも自分たちがかつて作った歌詞の一部が使用されていることに気づきます。

しかもそれらの歌詞はかつてバンドにいた石塚小枝子(早織)が書いたものだと言うのです。

 

さっそく古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は石塚小枝子(早織)を訪れます。

二人は石塚小枝子(早織)が葛西行きつけのクラブでホステスとして働いていたことに気づきます。

 

客として来ていた葛西サトシ(鶴見辰吾)に曲を売り込んだところ一部採用され曲への想いが再燃し、

荒川ボニータ(福田沙紀)の作った曲にまで手を出したことを指摘。

すると石塚小枝子(早織)は裁判で証言することを約束します。

 

その話を聞いた荒川ボニータ(福田沙紀)は『なぜ自分たちの曲を売るようなことをしたのか?』と石塚小枝子(早織)を問いただします。

石塚小枝子(早織)は証言することで謝罪すると言ってくれるのです。

 

ところが裁判で石塚小枝子(早織)はゴーストライターとしての自分を認めません。

三木(生瀬勝久)の策略だったのです。

古美門研介(堺雅人)はボニータの当事者尋問を請求します。

 

証人として登場したのはスーツ姿の荒川ボニータ(福田沙紀)でした。

驚きの表情の裁判官と黛真知子(新垣結衣)に『ギャップだよ。』としたり顔です。

 

古美門研介(堺雅人)は全てを話すと石塚小枝子(早織)が荒川ボニータ(福田沙紀)に語った時に録音された音を再生します。

簡単に会おうとする石塚小枝子(早織)に古美門研介(堺雅人)は三木陣営の罠であることを見抜き、荒川ボニータ(福田沙紀)に会話を録音させたのでした。

裁判はこれで一気に形勢逆転します。

 

 

形勢が一気に悪くなった三木(生瀬勝久)は石塚小枝子(早織)が勝手に盗作したことにしようと持ちかけます。

葛西サトシ(鶴見辰吾)はあくまで曲は全て自分が作っていると譲りません。

そして葛西陣営は和解を求め、ボニータ陣営も了承します。

さらに荒川ボニータ(福田沙紀)は和解金もいらないと言い出します。

和解金になる金額を恵まれない子供たちの基金を設立して欲しいと荒川ボニータ(福田沙紀)たちは語るのでした。

 

和解後に三木(生瀬勝久)と古美門研介(堺雅人)が顔を合わすとプライドのぶつかり合いが生じます。

三木(生瀬勝久)は『俺はお前をこの世界から葬りさると決めたんだ』と言い、

『それが俺の贖罪だ』と意味深なことを言って立ち去ります。

 

スポンサーリンク

リーガルハイ第2話感想

パンクバンドが国民的ヒット曲を著作権審がで訴えるという違和感ありありの展開で始まるリーガルハイ第2話です。

 

裁判に三木(生瀬勝久)が出てくるということで結末が気になりましたが古美門陣営の完勝とも言える内容でした。

最後は判決までいけば圧勝できたのにクライアントの意向で和解、しかも和解金が取れないという展開で実質的には引き分けという印象です。

 

 

序盤苦戦した原因が黛真知子(新垣結衣)の音痴だったのには笑いました。

しかも本人に自覚が無いというのが黛真知子(新垣結衣)のキャラを引き立てていたなと思います。

実際、新垣結衣さんは歌手活動もしていて歌上手いんですよね。

ああいう音痴な演技っていうのは難しいと思うんですがこういった演技をこなしてしまう新垣結衣さんはすごいなと思います。

 

そして主役の古美門研介(堺雅人)の奇抜な演技にもようやく慣れてきました(笑)

金の亡者な弁護士でありながら、どうも憎めないのはキャラの強さと堺雅人さんの演技によるものなんでしょうね。

 

あとは忍びの者として情報を仕入れてくる加賀蘭丸(田口淳之介)、

ボソっと良いことを言う執事の服部さん(里見浩太朗)の構図も見えてきましたね。

この二人の関係が見えてきたことでリーガルハイの構図が見えてきましたね。

 

最後に三木(生瀬勝久)が『俺の贖罪だ』と言っていたのが気になります。

贖罪とは犯した罪に対して償いをするという意味があるんです。

つまり2人が決別した原因に大きな罪が関わっていた可能性を示唆しています。

これから少しずつ、この謎も明らかになっていくのでしょうかね?

コードブルー3が無料で観れる!?


[PR]

フジテレビオンデマンドなら『コードブルー3』を『31日間無料』で観ることが可能です♪


しかも!今なら『コードブルー1』や『コードブルー2』も期間限定で配信中!

omoushikomi



スポンサーリンク